Solidworks

【Solidworks】01 モデルの新規作成と簡単なスケッチ定義

第一回目は主にスケッチの書き方について説明します。

これからソリッドワークスを覚えていく人は構える必要はありません。

3DCADは簡単に使えるようになりますよ。

モデリングを行うためにはまずはスケッチを行う必要があります。

 

 

 

 

新規作成をクリック

 

まずは下図の「新規」をクリックして作成する項目を呼び出します。

 

「部品」「アセンブリ」「図面」とありますが「部品」をダブルクリックするか

選択して「OK」をクリック。

・アセンブリは部品の集合体です。

・図面は部品やアセンブリのモデルから図面を作成します。

 

新規の選択時に「部品」以外を選択することは私は余りありません。

部品作成画面から呼び出すことの方がたぶん多いです。

 

 

 

四角形を描いてみよう

 

①まず長方形を描いてみましょう。長方形でも数種類ありますが「矩形中心」を選択します。

 

②次にどの面にスケッチを描くのか選択します。今回は「平面」を選択します。

 

「矩形中心」選ぶ時に下図の「スケッチ」を選んでも良いのですがひと手間余計に掛かってしまいます。

「スケッチ」→「矩形中心」を選ぶ事になりますので。直接「矩形中心」を選択しましょう。

 

③「矩形中心」を選択すると斜め上からのアングルになります。このままだと描きづらいので

④「選択アイテムに垂直」をクリックし、直視状態にアングルを変えます。平面を真っ直ぐ見た状態になります。

 

⑤中心点をクリックして外側へドラッグします。

⑥適当なサイズでボタンを離します。

 

 寸法付けで完全定義

 

⑦「スマート寸法」をクリックし、上面のエッジ、右側面のエッジをクリックすると寸法入力出来ますので「100」と入力しましょう。

スケッチラインが青色の状態は定義が出来ていません。

線をドラッグすると図形が変わってしまい管理が出来ていない状態となります。

寸法付けして定義させましょう。定義されると線の色が黒色へ変わります。

 

 

POINT

寸法を入れる時は定義したい線間を選択しましょう。

点間を選んでしまうと選択した点間の寸法定義は出来ますが反対側の点間までは定義されません。

 

 

 

⑧右上の「OK」を押すとスケッチ完了となりスケッチモードから抜け出せます。

 

 

出来上がりです。

 

 

 

まとめ

 

簡単過ぎましたね。今回、形状は矩形を選びましたが円だったりスプラインだったり簡単にスケッチを描くことが出来ます。

このスケッチが3D化していく時の基本になりますので覚えておいてください。

 

基本、スケッチは複雑な形状にせず、出来るだけ簡単にしておく事です。

今後出てくるフィーチャーで3D形状を作り進めた時、修正が発生した時に痛感します。

スケッチが複雑だと修正が大変なんです。出来るだけフィーチャーで形状を作っていく事をお勧めします。

 

次の記事

前の記事