プラグイン

WordPress デモレート?セルフピンバックを止めるプラグイン『No self Pings』

りくりんです。

今回ご紹介するプラグインは、Woredpressブログ活動を円滑になるいうものです。

重要なプラグインというわけではありませんが、導入しておくと作業効率を上げることが出来ます。

 

WordPressでサイト運営し始めると初コメントが付くと嬉しいですよね。

コメント付いた!とよくよく見るとこんなコメント「デモレートしてください」

ん??なんだこれ!自分の記事とサイト名が書いてるけどなんなの??

 

 

WordPressの初期設定で、ピンバックというものが有効になっており、投稿の内容に含まれるリンク全てにピンバックを送ります。これは内部リンクにまでピンバックを送ってしまいます。コメント欄はセルフピンバックとメールも通知だらけになっちゃいます。

そのコメント欄に届いたピンバックに対してデモレート「承認かゴミ箱行きか検討ください。」というもの。

今回は、内部リンクへ対してのセルフピンバックを停止するプラグイン『No Self Pings』について紹介していきます。

また、テンプレートよっては重要エラーになる場合があります。そのテンプレートも併せてご紹介します。

 

 

ピンバックとは

 

WordPress間において「リンクを貼りましたよ」という通知が勝手に行きます。他の方のブログなどを紹介や引用する場合などリンクを貼ったりしますよね。

その方のコメント欄にデモレートとしてください。と通知が行きます。承認してもらえれば相互リンクということになります。

その方は既にリンクが貼られた状態ですので承認するメリットは基本的にありません。承認してもらえればこちらとしては被リンクが増えてメリットも増えます。

 

 

No self Pingsのインストール

 

早速、進めていきましょう!

『プラグイン』『新規追加』検索『No self Pings』『インストール』『有効化』で完了!

 

 

 

No self Pingsの設定

 

この『No self pings』、設定は特にありません。

有効化するだけで内部リンクに対するピンバック送信が停止され、外部へのピンバックのみ動作する様になります。

 

 

テンプレートよっては重要エラー?

 

色々調べると下記のような古い無料テンプレートではエラーが出ていたようです。

  • STINGER3
  • STINGER5

 

現在STINGERはVer.8まで上がっています。

私の環境wordpress Ver.4.9で無料テーマ STINGER Ver.8をインストールしてみました。

その上でNo self Pingsをインストールして検証してみました。

結果、今のところ問題は起きていないす。使用される方は自己責任でお願いします。

ブログやサイトを運営する場合、内部リンクは頻繁に使用します。Wordpressを使われている方は是非導入して手間を減らしましょう。

 

他にこんな便利なプラグインがあります。

りくりんです。ブログを書いていくと段々溜まってくるのが画像です。特に手順説明の記事の多いブログを書いている方は多くの画像をUPしているはず。文字で説明するよりも訪問者に判り易く説明出来るので使っちゃいますよね。当ブログでもそうです。サーバーの容量を…
WordPress 画像一括圧縮でユーザビリティ向上プラグイン『EWWW Image Optimizer』 – WordPressブログでアフィリエイトに本気にな…
りくりんです。前回、ブログのサイトマップを自動で作成するプラグイン『PS Auto Sitemap』を紹介しました。でもこのプラグイン、とても便利で助かるんですがカテゴリーの順序を変える事までは出来ません。Wordpressの標準仕様に左右され意図する並びになってくれな…
WordPress カテゴリー入れ替えプラグイン『Category Order and Taxonomy Terms Ord… – WordPressブログでアフィリエイトに本気にな…