Wordpressブログでアフィリエイトに本気になってみる > プラグイン > WordPress 過去記事をFacebook/Twitterに定期的に自動投稿プラグイン『Revive Old Post』

Wordpress 過去記事をFacebook/Twitterに定期的に自動投稿プラグイン『Revive Old Post』


こんにちは!りくりんです。

ブログを書いているほとんどの方は新しい記事をトップページの一番上に表示していると思います。

そして記事を公開する際にはFacebook/Twitterに手動もしくは連動で自動投稿して集客します。

現在では集客の為にSNSの活用は欠かせませんよね。

それはそれで良いのですが一旦投稿したあとの古い記事はどうなっているでしょう。

記事を公開するごとに奥の方に追いやられ、そのまま埋もれていたりしていませんか?

せっかく一生懸命に記事を書いたのに人の目にあまり触れられなくなってしまうのはもったいないですよね。読み漁りたい方は見てくれるかもしてませんが。

 

今回はWordPressに投稿した過去の記事を定期的に自動でFacebook/Twitterに再投稿してくれる『Revive Old Post』というプラグインを紹介します。

一度設定したら放ったらかしで過去の記事をどんどん自動投稿してくれますよ。埋もれること無く過去の記事を宣伝できちゃいます。

 

 

Revive Old Postって何ができるの?

 

まずRevive Old Postの機能について簡単に確認しておきます。

  1. 過去投稿を定期的にTwitter、Facebookに自動投稿してくれる (Linkedin,Xing,Tumblrは有料)
  2. 自動投稿に関する設定ができる
  3. 投稿内容に関する設定ができる
  4. 投稿スケジュールを事前に確認できる

 

 

Revive Old Postのインストール

 

今回も早速、進めていきましょう!

『プラグイン』『新規追加』検索『Revive Old Post『インストール』『有効化』で完了!

WordPressのプラグインインストールは本当に簡単です。

 

 

 

Revive Old Postの設定

 

SNSとの連携

 

Twitterとの連携を設定します。

管理画面からRevive Old Post』を選択しAccounts』タブを開きます。一番上のTwitterアイコンの『Add Account』をクリック!

 

 

 

下図が表示されますので連携したいTwitterの『ユーザー名』『パスワード』を入力しチェックを入れたあと、『連携アプリを認証』をクリックします。

 

※twitterにログインしている場合だと認証ボタンだけが表示されます。上記はログインしてない場合の画面でログインが必要です。

 

画面がひとつ戻り、Twitterのアカウントが追加されました。これでTwitterの連携は完了です。

 

 

Facebookとの連携を設定します。

先ほどと同様の画面から上から二番目のFacebookアイコンの『Add Account』をクリックします。

 

 

下図が表示されますので連携したいFacebookページの『App ID』『App Secret』を入力します。

『App ID』『App Secret』の取得方法は割愛します。その後、『AUTHORIZE APP』をクリックしましょう。

その後、Facebookのログインを求められます。『〇〇〇としてログイン』をクリックしましょう。

そうしたら『公開範囲』を選択を選択して『OK』をクリック。さらに「〇〇〇が管理するページとして投稿を求めています。」と出ますのでまた『OK』をクリックしてください。

さらに複数のFacebookページを管理している場合、選択画面が出ますのでどのFacebookページと連携するか選択して完了です。

 

 

自動投稿設定

 

それでは具体的に設定の中身を見ていきましょう。

最初は自動投稿についての設定です。「General settings」のタブを開きます。

 

 

1.Minimum interval between shares

自動投稿する間隔を時間単位で設定します。

  • 6と入力すると6時間に1回
  • 24と入力すると24時間に1回
  • 0と入力するとデフォルトの4時間に1回

記事数が少ない内は間隔を広めにし、増えてくれば間隔を短めにするのが良いでしょう。

 

2.Minimum age of post to be eligible for sharing

これは何日前の記事から自動投稿するかを設定します。

初期設定は30ですが、30日より以前の記事が自動投稿の対象となります。

最新記事も対象に含めたいなら0にしましょう。

 

3.Maximum age of post to be eligible for sharing

古い記事を対象としない場合に日単位で設定します。

例えば100と設定すると100日以上前の記事は投稿しません。

基本的には未設定で良いのではないでしょうか。

 

4.Number of Posts to share

1回のツイートで何記事を投稿しますか?という設定です。

2以上にするとうるさく感じるのではないでしょうか。1がベターと思います。

 

5.Share old posts more than once

1度自動投稿した過去記事を、もう投稿しない場合はチェックを入れてください。

 

6.Google Analytics Campaign Tracking

グーグルのアクセス解析ツール、グーグルアナリティクスと連携させたい場合こちらをチェックします。

 

7. Exclude Specific Categories

自動投稿して欲しくないカテゴリーがある場合、Excludeの欄にカテゴリーIDを入れておきましょう。

 

 

次にツイートに関しての設定です。「Post Format」のタブを開きます。

 

 

 

 

1.Post Content

自動投稿の内容を選択できます。

  • Title Only=タイトル・記事URL
  • Body Only=本文抜粋分・記事URL
  • Title&Body=タイトル・本文抜粋文・記事URL
  • Custom Field=カスタムフィールドで設定

 

2.Length

ツイート本文の文字数を指定できます。

ツイッターの仕様が最大140文字なので、そのまま140でOKでしょう。

 

3.Post Content Custom Field

カスタムフィールドの設定内容になります。※基本設定不要

 

4.Additional Text

自動投稿時に定型文を追加できます。 

  • サイト名
  • おすすめの記事
  • 過去記事

   私は「過去記事ピックアップ:」にしています。

 

5.Additional Text At

さきほど設定した定型文を記事の最初か最後にするかを選択します。

  • Begging Of Post=最初
  • End Of Post=最後

 

6.Include Link

過去記事のURLのリンクをツイートに入れるか入れないかの選択です。

初期設定でチェックが入っているので、そのままでOKです。

ここのチェックが外れていると集客出来ません。

 

7.Fetch URL From Custom Field

カスタムフィールドのURLを使いたいときにチェックしてください。※基本設定不要

 

8.Use URL Shorter

短縮URLサービスを利用したい場合にチェックを入れます。

 

9.URL Shortnew Service

短縮URLサービスを使うときのURL形式を選択できます。

「is.gd」を選択すれば他の設定や登録作業が不要です。簡単に短縮URLを使用することができます。

 

10.Hashtags

ハッシュタグを付けるかどうかとハッシュタグの設定の仕方です。

  • Don’t add any hashtags:付けない
  • Common hastags for all shares:共通のハッシュタグを設定
  • Create hashtags from categories:カテゴリーをハッシュタグにする
  • Create hashtags from Tags:タグをハッシュタグにする
  • Create hashtags from Custom Fields:カスタムフィールドで設定

 

 

すべての項目を設定したら、「SAVE」をクリックしてください。

 

 

 

その後、投稿のサンプルを見てみましょう。「SEE SAMPLE POST」をクリック。

 

 

 

すると次のように投稿のサンプルを確認できます。

確認したら「CLOSE PREBIEW」をクリックして戻りましょう。

下図は文字だけのシンプルな投稿になりますが、OGP設定するとアイキャッチ画像付きの投稿を行なうことが可能です。いずれ別記事にて紹介したいと思います。

 

 

 

それではいよいよ自動投稿を開始しましょう!『START SHARING』をクリックします。

 

 

 

これで設定は完了です。少し設定する事が多かったですね。お疲れ様でした。

 

 

投稿スケジュールの確認

 

設定SNSへの投稿スケジュールを確認できます。「Manage queue」をクリックしてください。

下図のように今後の投稿予定が一覧で表示され事前に確認することができます。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

連携関係は設定する項目が多くなり大変ですが一度設定してしまえばほったらかしで定期的に自動投稿してくれます。どちらかというとFacebookよりTwitterの方が向いているでしょう。

タイムラインがどんどん流れていくので程よい間隔で投稿すればフォロワーの目に触れる機会が多くなるので集客には欠かせないプラグインです。

 

他にもこんな便利なプラグインがあります。

りくりんです。昨今、SEOの観点からサイトやブログからリンク集が消えていますがお薦めサイトや参考にしているサイトを載せておきたいという事は普通にあると思います。Wordpressも昔は標準機能で使えていたリンク機能ですがでバージョン3.5から機能削除(汗消さなく...
Wordpress 固定ページやサイドバーにリンク集を作るプラグイン『Link Library』 - Wordpressブログでアフィリエイトに本気にな...
りくりんです。ブログを書いていくと段々溜まってくるのが画像です。特に手順説明の記事の多いブログを書いている方は多くの画像をUPしているはず。文字で説明するよりも訪問者に判り易く説明出来るので使っちゃいますよね。当ブログでもそうです。サーバーの容量を...
Wordpress 画像一括圧縮でユーザビリティ向上プラグイン『EWWW Image Optimizer』 - Wordpressブログでアフィリエイトに本気にな...

 




キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

こちらも読まれています